転職の好機か?!~最新転職情報~

2020.12.24

 2020年ももうすぐ年末に差し掛かり転職マーケットにも動きがありました。4月、5月では採用を控えていた企業が求人を出し始めています。

dodaエージェントサービスの発表したデータによると求人数は7月から徐々に増加していることが分かります。

  

実は10月~12月は企業の動きが出やすい時期、と言われています。3月が決算月の企業の場合、10月は下半期が始まる月となり、それに伴い事業計画の刷新や人事異動などが行われることが多く、「想定よりも人員が不足していた」という事態にもなりやすいのです。10月~12月はまさにそういった人員増強のため求人が多く出される時期なのです。そのような理由で今年は新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも、求人数は増加したと考えられます。また転職希望者も年末での退職に向けて活動を始めた人が多くなっています。
業種別では以下のグラフのようになっています。

その他を除く全ての業種で求人数は増加しておいて、特に増加率が高かった業種は「メディア」です。ネット広告やWebマーケティングの企業が数多く求人を出しています。次いで増加率が高かったのは「金融」です。特にリース会社や生命保険会社の求人が増えてきています。

その他を除く全ての業種で求人数は増加しておいて、特に増加率が高かった業種は「メディア」(前月比117.6%)です。ネット広告やWebマーケティングの企業が数多く求人を出しています。次いで増加率が高かったのは「金融」(前月比114.5%)です。特にリース会社や生命保険会社の求人が増えてきています。

最後に職種別では以下のようになっています。

求人数としては11職種全てで増加し、中でも「営業系」(前月比113.9%)が最も大きく増加しました。

冒頭にも書きましたが11月以降は例年求人数が増加する傾向にあります。しかし例年と違う点は、経験者限定採用の増加や1求人当たりの応募数の増加、つまり競争率が高くなっているという点です。こういった状況では転職活動も長期化すると思われます。転職を希望している方は、自身のこれまでの経験、スキルを改めて見直し、何がアピールできるか入念に準備することをおすすめします。特にWeb面接が主流になってきつつあるため、慣れていない方は対策も行うべきでしょう。Web面接に不安のある方はこちらの記事も参照してみてください。

求人は無限にはありません。早い者勝ちです。多くの人が転職活動を後回しにしやすいこの年末こそライバルの少ない状態で活動することができます。またこの時期に採用を積極的に行っている企業は、その分体力があるということなので転職先としてもおすすめです。この転職のチャンスを見逃さずまずは思い切って行動してみましょう。

エボラブルアジアエージェントでは求人のご案内から転職のご相談まで何でも受け付けています。HPTwitterからお気軽にご連絡ください。

最新コラム

一覧を見る

Categories