志望動機の書き方

2018.07.11

 

志望動機は応募する仕事へ影響を与える重要な要素です。面接官はあなたの動機を尋ねる質問として、

「私たちの会社について知っていることはありますか?」

「弊社の代表は誰ですか?」

「会社に入った後、どのように活躍できますか?」

など、あなたがどこまで会社について知っているか知りたいのです。

志望動機は、求人、履歴書、面接のいずれかを通じて企業に送られます。

 

志望動機を書くときに抑えておきたい4つのポイント

志望動機を書く前に、まずは以下を理解しなければなりません

①同じ事業をしている他の企業ではなく、応募した企業で働きたいことを伝えること。

②長所を述べるだけでは駄目。仕事と自分を結び付けるポイントを探す

③これから企業のために一所懸命働く意思を示すこと

④説得力を増すために、技術的な証拠や過去の経験を示すこと。

上記のことができなければ、志望動機に説得力がありません。

 

基本的な動機を書く

基礎を習得したら、志望動機になれるような動機を探します。

志望動機の基本要素(例)

  • 働きたい仕事
  • 達成したい目標
  • 将来のキャリアプラン
  • 会社見学時の感想
  • インターンもしくは体験入社したときの気持ち
  • 先輩に紹介されて働き方に共感した
  • 会社で使いたい知識、専門資格

具体的には、以下のように書くことができます

例:

  • 私は御社で営業活動に携われるような仕事がしたいと考えています。具体的には、マーケティングサポート部門で、販売のプロジェクト、長期的なパートナーとしてのマーケティング活動のサポートに取り組んでいきたいと考えています。
  • 企業で面接するとき、私は企業で何をしたいのかと志望動機を尋ねられましたが、私は同じ意識を持つ同僚と一緒に働くことと、顧客に寄り添った提案ができるよう、御社を志望しました。

 

志望動機を書くために、ビジネスリサーチは必要不可欠です。

企業について知らなければ志望動機は書けません。

 

仕事と企業と自分を結び付るポイントを書く

志望動機の基本を習得出来たら、次はその内容に関連して自分自身の経験を振り返る必要があります。

例:企業と自分を結び付るポイント

  • 体験したこと
  • 自分の努力
  • 達成した結果
  • 価値の考え
  • 性格
  • 特徴
  • スキル、資格

具体的に:

自分に関係すること

  • 私は、最新のWebツールや技術に関連する情報をすばやく収集したいと考えています=>企業はあなたが最新の情報や新たな技術に関して敏感だと考えます
  • 大学の研究会で、私は綿密で広範囲に渡る調査を行うことができ、参加した50名の学生の中から一番の評価をいただきました=>企業は研究を深めることが得意な候補者だと考えます。これは身近な顧客の問題を扱う際役立つと考えられます。

あなた自身のことについて話すときは、自然な証拠を示さなければなりません。また、説得力を増すためには達成度、実際の結果について明確に説明する必要があります(可能な限り具体的に話す)。

 

入社後、どのように働きたいのかを書く

動機を明らかにしたら、次はあなたが「会社後、具体的に何をしたいか」です。面接官は、あなたがこの会社で成長性があるかどうか、そしてあなたが入社したら成果を上げることができるかどうかを考えています。

なので、会社へ入りたい気持ちを表現するだけでなく「私が会社に入社したら、私はこのようになりたい」と伝えなければなりません。

以下のように具体的に書いてください。

例:入社後、どのように働きたいのか

  • 最新のマーケティング方法を学ぶための情報を収集し、顧客に近づくための問題解決戦略をより慎重に考え、選択肢を提案する能力で営業スキルを向上させるよう努めます。

会社の成長に力添えできるよう、より成長したいと思っています。

あなたが「私がいるからこれをすることができます」を示すと、説得力が増します。

 

動機を簡単に説明する

ここまで書くことができたら、残りはあと少し、1つずつ完成に近づいています。以下の構造を書き込むともっと簡単です。

 

動機まとめ

  • まずは動機を一つ上げる
  • 具体的に説明する
  • 理由(原因、希望、自分に関連するポイント)
  • 入社後、どのように働きたいのか

 

もっと具体的に書くと:

動機のまとめ

  • 志望動機を言う:「企業のマーケティングサポート部門で働きたい」
  • 志望動機について具体的に:企業顧客のためのマーケティング活動をサポートするビジネス提案を行いたいです。
  • 理由、自分に関連するポイント
  • 企業のセールスワークを担当するとき、卒業生のビジネス紹介に卒業生が達成したいことを尋ねることができました。そうすることで私は自分のビジネスコンテンツや精巧なアイデアが親しい顧客を引きつけることができると感じました。個人的には、最新のWebツールやIT技術に関連する情報をすばやく収集したいと考えています。また、大学の研究会では、私は教授に綿密で高広範な調査が行うことができ、参加した50名の学生の中から一番の評価をいただきました
  • 最新のマーケティング技術に敏感で、問題を素早く見つけることができます。私は企業の親しい顧客との問題を解決する仕事をすることができます。
  • 入社後、どのように働きたいのか:最新のマーケティング方法を学ぶための情報を収集し、顧客に近づくための問題解決戦略をより慎重に考え、問題を解決する能力と選択肢を提案する能力。その能力で営業スキルを向上させるよう努めます。私は自分自身の成長を通じて、会社の成長に貢献したいです。

最新コラム

一覧を見る

Categories