就活の服装の不文律

2018.07.23

日本には仕事探しの問題を説明する言葉はいくつあります。職探しと求職の言葉は一般的に“仕事を探す”という意味を持っていて、転職活動は“仕事を変える”という意味を持って、就職活動の略語‐就活は新卒業生求職プロセスを表わします。
様々な求職のルールの由来は日本のユーニクな雇用実践であり、最大でユーニクなのは多くの企業が同時に学生を一括して雇用して、新卒一括採用という雇用実践です。1997年以前は会社が採用を開始できる正式な日付がありました。
その日の前に採用を開始する場合は青田刈りと呼ばれ文字通り「まだ緑のままで米を収穫する」という意味です。1997年以後、企業は12月1日(3年生)に採用を発表し、4月1日(4年生)に応募者を選考するという示唆が出ました。最近、安倍内閣は学生たちは学習に集中できるように日付を後退するように要求しました。
企業は同時に採用するのでトップ大学の学生を雇えるためには競争する傾向があります。
上記のことは高校生に大きな圧力をかけます。なぜなら、トップ大学に入れるだけで全力で頑張らなくてもいい仕事が安易にできるからです。このような雇用実践学生をはやく仕事をさせます、あるいはこれらの限られたいい仕事が残っています。率直に言うと、この新卒一括採用の期間中に就職する必要があるような気がします。できない場合は、理想的な仕事を見つけにくいです。企業は新卒生に焦点を当てているため、翌年にはさらに優位性を失います。

採用されるためには学生に圧力をかけるルールだけではなく従わないと仕事できない不文律の巨大なリストも存在します。あなたの外見の点では、従うべき巨大なリストがあります。

髪型
• 男性:髪の長さは耳が見えるほど、きちんと梳かす必要がある
• 女性:耳が見えるように髪を解くあるいはきちんと梳かす必要がある
• 髪はきれいでなければならない。
• 髪を染めてはならない。
口ひげ・ひげ
• きれいに剃らなければならない。
服装
• 就職面接に適した典型的なダークスーツを身に着けるべきです。
• 2つのボタンを持つ単一のスーツは、ダブルスーツよりも優れています
• 上部のボタンを固定する必要があります。
• シャツは白くなければならない
• ネクタイはシンプルでなければならない
• ズボンにはすっきりした皺がある必要がります。
• 靴下の色は、似た色でなければならない

• 靴はシンプルで靴の色は黒または茶色でなければならない
• よく磨かなければならない
メイクアップ
• シンプルで派手ではないはずです
• 香水を使用しない方がいいです

• 爪はきれいにカットしなければなりません。
• マニキュアをしない方がいい
イヤリング
• イヤリングを付けない方がいいです。
ネックレス
• シンプルで派手でない。
女性の服装
• 就職面談に適した典型的なダークスーツでなければなりません。
• 黒、濃紺、またはグレーは安全です
• スカートを履く場合はあまりにも短くてはならない
• 白いシャツは安全です
女性の靴
• 単純なポンプのペアでなければならない
• 靴の色はスーツの色と一致する必要があります
• ハイヒールはあまりにも高くありません
• よく磨かなければならない


これらは不文律なのですが今でも大切なものだと思われています。このようなルールを守らなければ終身雇用はだんだなくなる日本で雇われる可能性が低になります。
日本の就職服の話
「週刊東洋経済新報」の2014年10月28日に載ってある「就職活動のための黒い服を選んでください – 服で目立たないように」と題した記事から始まりました。記事によると応募者の90%は黒いスーツを着ますから他の応募者は大多数を安全のために従うべきです。あなたは黒いスーツを着る他人から目立てるためにユーニクなストライプスーツを着ると思われるかもしれません。

それではインタビュアーはストライプスーツを着てくるあなたについてはどう考えますか。インタビュアーの反応は、3つのタイプのうちの1つになります。
1. “ストライプスーツは他とは違うのでよりいい“のようにポジティブと評価します
2. 服装を気にしないですから何も評価しません。
3. 「マナーを知らない、就職インタビューのために縞模様のスーツを着用するのは、華やかな印象を受けるにはあまりにも派手だ」と否定的に評価する。
それぞれのケースが等しい可能性があるとすれば、シンプルで黒いスーツを着てくると誰も同じに着ますからインタビューアは特別な反応を持たないはずです。それは肯定的でも否定的でもなくニュートラルなので、黒いスーツを選ぶとリスクはないと言えるでしょう。
しかし、ストライプスーツを着てくる場合は悪い印象を受ける割合は三分の一になります。かなり差があるでしょう。リスクを取る必要がありませんから、いい印象を与えるためには服装をしすぎる代わりに自分の性格を表現し、インタビューアをあなたが言うことで感動させた方がいいです。
この記事を返事するためにはソニーコンピュータサイエンス研究所の上級研究員であり、東京工業大学の客員研究員である日本の脳科学者茂木健一郎が反論を出ました。
”こんな記事、意味ある? 就活生が「制服」を着る国。くだらねえ、意味のない記事だと、敢えて言いたい。バカなんだよ、こういうことをしたり顔で言う大人って、バカなんだよ。(以下リフレイン)RE リクルートスーツは、「黒系」を選べ”@kenichiromogi
彼の観点を賛成し、返事した人々がいます
日本には外見の無意味のルールがいくつあります。– @ ys1dream
誰かの服の色だけで採用する企業に勤めない方がいいと思います – @mizutamabeat
この記事、本当、バカですね。
個性消せ?
私の就職活動は、なかなか内定もらえなかったなぁ。スーツ着るのも見るのも嫌になり、最後はジーパンにジャケット、スニーカーで面接受けました。…採用されました。
ラフな格好は心理的にも解放感があり、お勧め。@ Mii_sang3791

鴻上尚史-日本の有名な作家、監督、映画監督は茂木健一郎さんのtweetを賛成しながら自分の意見を述べました。

例えば「絶対にランドセルは嫌だ」という子供がいたとして親は「小学1年生はみんなランドセルなの」と説得・懇願・命令・激励して4月を迎える時「そうすればお前は皆から苛められない」ではなく「この国は多様性とか違いを認められない国だけど、お前が親になる時にはきっと変わっているだろう」と言えるような親が素敵だと思う。間違っても「お前が大学を出たとき、大人のランドセルである、リクルートスーツというものを着ることになるだろう。そうしないとお前は受け入れられない」としたり顔で「お前のためだからと」語る人にはなりたくない。せめて採用する側のリクルートスーツに対する様々な本音を紹介できる人になりたい。リクルートスーツを絶賛する大人と黒一色にくびを傾げる人事担当者と。それがこの国の息苦しさを減らし希望を灯す小さいけれど着実な仕事だと思う。そんな大人が素敵だと思う。ー@KOKAMIShoji
フリーランスのライター赤木智弘はブロックに自分の意見を載せました。
先ず彼は東洋経済の記事を読んだら黒いスーツを着るのは正しいことについて不快感や疑問を感じる人を軽蔑しました。
ある応募者は彼にインタビューにどんな服を着ればいいですかと聞けば、就活の目標は派手な服を着ることでなく内定を得ることですから、黒いスーツを進めますと言いました。ユニークな色のスーツを着用するリスクがある場合、最良のアドバイスは、確かに過半数に従うことです。
この冒頭の発言をした後、彼は「茂木さんと他の人の怒りはどこから来たのか」という主題を取り上げました。
赤木さんは茂木さんと他の人が個性が消えた実際に失望する理由は学校行くときにはどんな服でも自由に着てくることはできた時期に育ったということです。結論として、彼らの意見は、さまざまな服を受け入れることは、様々な性格を受け入れることと同等であると信じることから来ていると述べました。
それから彼は現在、就職活動をしていた卒業生は、制服を着用するのに非常に慣れていたので、彼らはそれをどのように活用するかを知っていると指摘しました。 特にアイコンのようになっている「高校女子」は、消費者社会の恩恵を意味し、社会がその価値を認めていることに等しいです。 そのため、彼らは他のみんなと同じような黒の服を着ることに疑問を抱かないです。
茂木さんと他の人が強調した無意味や無痛などの言葉は彼らの時代だけに存在し、現在の応募者の中には全く存在しない可能性が高いです。
そのようにしてなぜ私は彼らの怒りを疑問するのかを明らかにしました。黒のスーツを着ている応募者の目に見えて無益か窮屈であると感じる者は、茂木さんと小見しかいないと思います。それで、彼らの怒りの本当の理由は彼らは彼らの自尊心を果たすために代理戦争でチェスマネーとして応募者を使用していることだと考えます。
しかし、結局のところ、なぜ彼らはこれについて戦っているのですか?応募者に対しては最も大切なのは自分のために考えることなのではないでしょうか。彼らが安全で、他の誰もやっていることをしたがるなら、黒いスーツを着て、不文律に従うことができます。さらに、シンプルで黒いスーツは様々な場合に適用できます。これは極端な例ですが、誰かが何とか論理的に説明できる金色のスーツを着る大きな理由を見つけた場合、それは大丈夫だと思います。インタビューアはなぜその服装を着てきたかと聞くかもしれなく、うまくいけば、彼または彼女に印象づける論理を使って、合理的な答えを説明することができます。

最新コラム

一覧を見る

Categories