亀山敬司:アダルト動画スタジオの所有で日本で9番目に億万長者な男

2018.07.11

 

日本のアダルト動画運営で最も有名な男である亀山敬司は、慶應義塾大学の学生と共に社会にとって有益なビジネスをどのように運営するかについて語りました。

長年の倒産と商談の凍結から、亀山敬司はブルームバーグ新聞の最新記事で日本の億万長者紙に輝き、ビジネスモデルとなりました。彼の企業、DMM.comは、アダルト映像から始まり、現在では多方面に展開する企業グループとしてオーナーの亀山敬司を日本で最も億万長者な男性の一人に変えました。

 

数年前、北野武監督(ビートたけし)は、亀山敬司のスタートアップモデルの広告に出演することに同意しました。それが彼のイメージを再確立することとなり、昨年12月、慶応義塾大学は彼を学生と出会わせ、彼のアフリカ投資プロジェクトと若い起業家の支援方法について語ってもらいました。1ヵ月後、人気のある文春週刊誌は、彼の育児方法や家族関係のアドバイスを提供する記事を依頼しました。日経の4月の調査では、日本の学生が入りたい企業ランキングTOP100では、IBMまたはGoogleよりDMM.comが上位であることが判明しました。

インタビューで亀山氏は微笑んで答えました、「私たちは常に新しいものを作りつづけます。DMM.comで働くことは面白いことが起こると自信を持ってお伝えできます。 例えば、宇宙船を打ち上げたり…」。

アダルト動画のオーナーがなぜ国民に受け入られているのか、おかしく思うかもしれませんが、日本人はアダルト動画については寛大な認識を持っています。さらに亀山氏は通貨取引、ゲーム、英語学校、太陽光発電などを含む事業を拡大しました。アダルト動画は昨年、DMM.comの17億ドルの売上高のうちわずか3分の1を占め多そうです。

 

「この人がどれほど賢明であるかを人々は理解し始めている」と石原明氏、Kiseki Keiei Consulting社の社長は語りました。「彼はいつも先を見て、お金の使い方を賢明に判断している」。

亀山さんは現在56歳で結婚しており、子供が2人います。35億ドルを持っているにもかかわらず、カジュアルな服装を好み自転車で出社します。彼はヤクザだという噂を消すためにインタビューに答えることを決めたと述べていますが、まだ素顔で登場することは拒否しているようです。彼の個人情報を保護するためにキャラクターのイラストで顔を覆うようにと雑誌やインターネットメディアへは依頼をしているようです。

30年間のアダルト動画ビジネスで、亀山は動画には決して登場せず、動画自体も見ませんでした。彼にとって、アダルト動画はお金を稼ぐ道具でしかありません、市場の他の種類の商品よりも特別なものでもないからです。「私はアダルト動画のファンだからこの業界に入ってるわけではない。私が経験し、お金を稼ぐことができると分かったから続けただけ」と彼が言いました。

亀山は80年代後半にアダルト動画をを制作し始めました。1998年、DMMが日本のアダルト動画制作会社になったときに日本で最初にWebストリーミングサービスを開始しました。

10年後、亀山の動画を視聴するために、100万人のインターネットユーザーがお金を支払い登録をしました。男性ユーザーが自分のウェブサイトをよく見ているということを知った亀山は、顧客が他に購入したいものも一緒に売ることを考えました。

2009年、彼は株式仲介業者を1億ドルで買収し、通貨プレイヤーにとって最も人気のあるプラットフォームにしました。これにより、日本の楽しみの基本ある性欲とお金の2つを提供し、DMMを仮想ラスベガススタイルに導きました。

それ以来、亀山は家族に親しみやすいビジネスを展開してきました。彼はDMMの利益を開示ししませんでしたが、日本アニメをテーマに大きな遊園地を建設しない限りDMM.comは上場しなくても新規事業を維持するには十分な収入があると述べた。「アダルト映画のオーナーがディズニーランドを作ったらどうなるか想像してみてください」と言いました。

小さな海岸沿いの町、加賀市で育ち、亀山の両親は居酒屋で仕事をしていました。それは売春宿ではありませんが、あまり違いはありませんでした。「このような環境の中で成長することで、売春という仕事に偏見を持つことがなかった」と彼は言いました。

亀山氏は、1980年頃に自主退学した後、給料が高ければどんな仕事でもすると述べ短期間ゲイクラブで半裸のダンサーとして働いたり、病院の死体掃除していました。

30歳で彼はいくつかの動画レンタル店の所有者であった。故郷に新しいレンタルモデルが登場したとき、彼は自分自身の考えを変えなければならないことを理解した。

生き残るために、亀山はレンタルする代わりに撮影することを決めました。彼は古いスーパーマーケットからアダルトスタジオを建て、昼夜を問わず、家庭用のテープレコーダーで元のテープから映画をコピーしました。彼はレンタルショップに、「100本のダビングテープ、売った部分の利益の一部を私に支払って欲しい」という否定できない申し出を提案してレンタルショップを説得しました。これにより、彼は販売員を雇う必要がなくなりました。

彼の最大のアイデアはインターネットが登場したときでした。DVDはまだまだ新しく、日本の家庭5つのうち、1つだけがインターネット接続されているため、DMMのオンラインプラットフォームを選択することは難しいことでした。ですが、インターネットのおかげで、亀山は徐々に自分のビジネスを築くことができました。

その執拗さが慶応大学で学生に話すように彼を招いた理由の一部でした。そこでは、彼は新しいアイデアをどのように考案したのか、それを行う自信はどこにあるのかという質問を受けました。ある学生が彼に社会に利益をもたらす独立したビジネスを構築する方法を尋ねました。彼はこう答えました「世界の飢餓を解決しようとするのではなく、家族を養うことができる会社を建設することから始めてください」と。

経営理念を説明するように頼まれたとき、彼は正しい言葉を見つけようと考えながら、「今日の間違いが昨日の間違いより少なくなったと考えられるようになるのが好きだ」と言いました。

 

最新コラム

一覧を見る

Categories