ビジネスリサーチの方法

2018.07.11

ビジネスリサーチは日本で就職する際に最も重要な作業の一つです。

ビジネスリサーチすることで、自分の求める企業や就労条件を詳しく理解することに大きな影響を与えます。学生はリサーチに関して無関心か、ビジネスリサーチしないで企業に応募することが多いようですが、この記事では、ビジネスリサーチについての注意点と目的を明確に説明します。

 

ビジネスリサーチの目的とは?

企業の特徴や自分自身をしっかり理解し、自分のが仕事で何をしたいのか見出すことで、採用試験や面接で内定を獲得しましょう!

この記事では、適切なビジネスを知るためのプロセスについて説明します。

 

企業の特徴をリサーチ

第1:その企業の業界をリサーチ

「ビジネス機能」「企業規模」「サービス対象」などの簡単なセクションでビジネスを見ると、他の業界の企業との違いを知るきっかけとなります。

同じ業界の企業を分類する

①ビジネス機能(販売方法、サービス提供方法)

②企業規模(販売量、事業利益、従業員数、株式の発行、資本など)資本金(独立系システム、外資など)

③サービス対象(個人・法人の消費者/年齢/男女/国内・外国の層別など)

 

事業の種類別に分類

例:服飾企業グループ

–小売店

–代理店

–専門店

–通販

 

企業規模に基づく分類(例:標準利益)

例:広告企業グループ

  • 大手企業
  • 大企業
  • 中企業
  • 小企業

 

資本に基づく分類

例:人材派遣グループ

  • 独立
  • 生産
  • 外資

 

上記のように、同じ業界の企業を上から下まで分類し、比較します。これがビジネスリサーチ基礎となります。

 

第2:企業の特徴を深く探る

上記の内容を把握したら、次に企業の特徴を分類し、知る必要があります。

①代表取締役社長

  • 名前
  • 履歴、経験
  • 皆様へのメッセージ

代表取締役社長について調べるのは必要なことです

 

②経営理念

  • 企業の経営理念
  • 設立時の方針、理念

応募時に経営理念を理解しているか、または近い考えがあるか事前インプットできます。

③設立日、資本金、株式の発行、経営拠点

  • 設立日
  • 資本金
  • 株式の発行
  • 経営拠点

上記の情報から、企業の経歴、規模、または経営視点を持っているという印象を作れます。

 

④企業内容の詳細

  • サービス、販売品の詳細(現状と将来の方針)
  • サービス、販売品の対象者(個人または法人の消費者/年齢/男性または女性)
  • 経営形式(販売方法、サービス提供方法)

企業の仕組みを理解し、利益を得るために市場へどんなサービスを提供するのか、さらに、サービスの詳細、どの業界で展開してるのかが分かれば、企業をさらに深く理解することができます。

⑤企業の成績

  • 利益
  • 営業利益(比率)

企業の営業成績を知ることができればその企業の規模を知ることができます。業界では高売上だが、利益は他の企業よりも小さい企業もあります。その逆もしかりで、中売上ですが利益は他の企業よりも高い企業もあります。

⑥成長の可能性

  • 売上高および事業利益の成長率
  • 新規開拓、企業の展開

企業の成長率、展開を調べることで、企業のこれからの成長を知ることができます。

 

⑦ビジネス環境への影響、経済活動の方向性

  • 過去の事業利益の変化、売上高
  • ビジネス利益の状況、円が高いあるいは低い時の売上高

企業の歴史を調べれば、ビジネス環境への影響、経済活動の方向性が分かります。それから、利益または企業が持つ能力の構造についても理解することができます。

例えば、「リーマンショック後のこの企業は、売上が回復するまでの3年間売上が減少していたが、他は2年だけで高利益を出した」、「円のレートが上がると企業の利益が上がりやすい」、「円のレートが下がると企業の利益が上がりやすい」。など

⑧競争力

  • 開発能力、技術能力、製品品質、サービス
  • 製品とサービス提供のネットワーク

競合するとき、他の企業に勝つポイントは何なのか調べておく必要があります。面接では、他の企業と比較して企業のポイントを知っているかどうかを尋ねられることがあります。

 

⑨会社の精神

  • 男性と女性、年齢による従業員の構造。
  • 決定を下す方法(トップダウン型か ボトムアップ型か)

トップダウン型は、組織の高層部(ディレクター、マネージャー)が指示を出し、従業員はその指示を受け取り実施する。ボトムアップ型は下の人の意見を聞き、決定をを下す。

  • 新しいことにチャレンジする/伝統的な価値観を提供することにこだわりを入れる
  • チーム能力/個人的判断に重点を置く
  • 働く環境の雰囲気(真面目、自由、快適、会社員の結束力、面白い人が多い)
  • 研修環境(先輩からの研修、学習環境がある)

⑩キャリア設定環境

  • 昇給、昇進制度(結果主義、評価制度、年齢の昇進)
  • 女性の任命について
  • 継続勤務年数、マネージャーの平均年齢

長年の作業データを収取し、将来に付きたいポジションをイメージする

 

⑪.仕事の種類

  • 仕事の種類
  • 仕事の種類に必要なスキル

会社後の部署と仕事について調べることで、あなたの経験や知識と各職種に必要なスキルとの間に共通点がある場合は、面接官に強い印象を与えることができるはずです。

⑫.労働条件

  • 給料(昇給、賞与、年収、月収など
  • 勤務地(転勤など)
  • 勤務地詳細(勤務時間、コアタイム、残業、裁量労働、短気勤務)
  • 休日(固定休日、シフト制、夏季休暇、年末年始休暇、産前産後休暇、年次有給休暇)
  • 手当(交通費、企業、資格、地域)
  • 福利厚生(会社寮、家賃、資格習得)
  • 保険(健康、労災、雇用など)

⑬.CSR活動、多様性への取り組み

  • CSR活動内容

CSR活動は、企業が会社へ責任を果たし、その効果と共存する活動です。これらは、企業が社会から信頼を得るための活動であると言えます。

  • 多様性への取り組みの内容

人種、国籍、性別、年齢、文化、宗教、障壁に関係なく従業員を雇用する場合、人材採用プロセスで多様性が反映されているということです。

CSRや多様性がある企業は特徴が必ずあるので、これもリサーチすべきです。

⑭.関連企業

  • 子会社、新規企業
  • グループ企業
  • 協力資本企業、専門協力企業

独立起業でなければ、関連する企業を調べなければなりません。

以上が主にビジネスリサーチをするために通過するべきポイントです。上記の全ての完了はビジネスリサーチの完了と同義ではありません。学習の過程で、質問を考え、もっと学ぶべきです。

ビジネスの特徴を理解し、あなたが仕事をしたい企業に応募する前に、自分のしたいことと避けたいことを決めなければなりません。

例:

  • 企業は多くの顧客が外国企業であり、企業は高い成長の可能性があります。
  • IT、ウェブサイト関連の企業で、ボトムアップ制度を採用。成長したい人材を採用し、規模は重要ではありません。
  • 医療、薬品に関連する企業で、技術と成長性が高い。仕事環境は新しいことにどんどん挑戦していく。

行動原理、価値観、人格など、自分自身の特徴を分析し、自分に合う企業を探して、就職することが一番理想です。

最新コラム

一覧を見る

Categories