株式会社エバディから株式会社エボラブルアジアエージェントに社名を変更いたしました

インタビュー

外国人社員を採用した担当者と日本で働く外国人社員へのインタビュー

Dinh Nhat Truong

弊社は、B to B, B to C双方の領域において大きなシェアを誇る企業です。

こういった企業で働くのは私にとって初めての経験ですが、とてもワクワクしていますし、自分自身、新たな知識やスキルを吸収したり、今まで得てきたものをアウトプットするのにとてもいい環境だと思っています。

  • everdy-interview

    日本で働こうと思った理由はなんですか?

    ベトナムの大学を卒業した後、ベトナム国内にある日系企業で働いていました。

    そのとき日本人社員からうけた日本人に対する印象は、規律正しく、業務の細部まで気を配って仕事をしており、とても頼り甲斐ある、というものでした。

    そういった日系企業での経験を経て、より多くの日本人とともに仕事をして彼らからいろいろなものを吸収したいと考え、日本で働くことを決意しました。

    就職・転職活動における日本とベトナムの違いはなんですか?また、転職活動中に苦労したことはなんですか?

    ベトナムでは、志望する会社に直接連絡して、面接で自分のスキルについてプレゼンテーションします。また、企業についての情報は簡単に手に入るので、自分の要望とマッチした会社を探すのも簡単というのが特徴です。

    対して日本では、外国人求職者向けの企業に関する情報が得にくいと感じました。少ない情報で面接を受けなければいけなかったのでなかなか難しかったです。

     

  • everdy-interview

    面接において、気を付けていたことや事前に準備していたことはありますか?また、面接官にはあなたのどういった部分をアピールしていましたか?

    もし日本で働くと決めたのであれば、もちろん第一にできるだけ日本語の勉強はしなければなりません。そのうえで今まで培ってきた経験であったり知識、成し遂げてきたことをしっかりと面接官に伝える準備をするということですかね。

    私の強みは新しいことを学ぶことに意欲的なことと忍耐強いことだと思っているので、そういったことを面接官には伝えていました。

    日本に行ったらすぐに働けるように、日本語も必死で勉強しましたし様々な経験も積んでいました。

  • everdy-interview

    エボラブルアジアエージェントを選んだ理由は?

    もし独力で日本での転職活動をしていたら、膨大な時間と労力がかかるだろうことは目に見えていましたし、いい会社と巡り合うチャンスもあまりないだろうと思ったのでエージェントを利用しようとずっと考えていました。

    数あるエージェントの中でもエボラブルアジアエージェントは経験も豊富で、手厚いサポートが魅力的だと思います。エボラブルアジアエージェントの皆さんのおかげで会社選びに余計な時間をかけずに済み、その分知識をつけたり経験をつむことに時間をさけたのはよかったと思います。

  • everdy-interview

    現在の仕事について教えてください。

    現在私が働いている会社は、B to B, B to C双方の領域において大きなシェアを誇る企業です。

    こういった企業で働くのは私にとって初めての経験ですが、とてもワクワクしていますし、自分自身、新たな知識やスキルを吸収したり、今まで得てきたものをアウトプットするのにとてもいい環境だと思っています。

    業務に関してはそれほど複雑なものではありません。上司から振られたタスクをこなし、終わったらレポートを作成し提出する、というのが一連の流れです。

    指示はもちろん日本語でされますので、そこは少し苦労する部分ではありますかね。

    今後は、優秀なプロジェクトマネージャーになるためにも、複数の領域のスキルを身に着けていきたいと考えています。

  • everdy-interview

    日本での仕事について興味深い点と難しいと思う点を教えていただけますか?

    一番難しいと思うのはやはり言語面ですね。あとは働き方がベトナムとは全く違う、というところでしょうか。報連相を徹底することに関してはまだ慣れるまで時間がかかりそうです。日本ではチームで働く際は、報告-連絡-相談のプロセスに則ってコミュニケーションをとりますからね。

    興味深いと思うことはたくさんあります。仕事に関していえば、チームリーダーから直接タスクを振られ、調査をして、作業をする。業務について日本語で業務に関して直接リーダーと議論をする機会はたくさんありますし、意見も自由に言える環境に身を置けていることはとても刺激的だと思います。

    加えて、チームのメンバーはとてもフレンドリーですし、職場もとてもいい雰囲気で働きやすいと思います。

  • everdy-interview

    日本で生活する上で苦労したことは?また、一カ月あたりの生活コストはどれくらいですか?

    公共の場でのマナーや会社内でのルールは、慣れるまで時間がかかりますね。

    立ち居振る舞いなど含めて直さなければいけないことがたくさんあります。週末、友達と会うときなどはそんなことはあまり気にしませんけどね。

    日本の食事や文化、生活様式などにも慣れる必要はありますが、幸い周りの人たちが助けてくれるので、あまり苦労はしていません。

    生活にかかる費用は家賃や食費など、すべて合わせて一カ月におよそ12万から13万円ほどです。

    日本人の友達はたくさんできましたか?そのコツは?

    職場や近所の日本人は、とてもフレンドリーでいつでも進んで手を貸してくれます。

    また、私自身日本の人々や文化についてもっと知りたいですし、彼らもベトナムのことについて興味津々なので、お互いの国について意見や情報をシェアしあっています。

    また、私はシェアハウスに住んでいるのですが、アジア諸国やアメリカ、ヨーロッパから人々が集まっていてとても面白いです。みんなでお互い助け合って生活しています。

    ユーモアのセンスがあったら、日本で友達を作るのにも苦労しないと思いますよ。

     

  • everdy-interview

    日本語はとても難しいとのことでしたが、日ごろどうやって勉強していますか?

    職場で日本語が理解できない場合は、わからないことを放置するのではなく、必ずほかの人に尋ねるようにしています。ゆっくり話してくれたり、わかりやすいほかの表現で伝えてくれたりするので助かっています。

    家でももちろん日本語を勉強していますよ。日本語の本もたくさん読みますし、友達と一緒に勉強したりします。

    友達と出かけた時も、学ぶことはとても多いです。学習と実践を同時にできる環境ですので、確実に習得のスピードは速いと思いますね。

    最後に、日本で働きたい、という方に向けてメッセージをお願いします。

    日本で働きたい、という意志が本当に強ければ、きっとあなたの夢はかないます。

    夢を絶対に諦めず、努力を怠らないことが成功の秘訣です。

     

候補者を受け入れた企業担当者のインタビュー

次のインタビュー

  • 面接の時にこの会社の商品を見せてもらいその商品に惹かれたため、働くことを決めました。自分のスキルアップに繋がる学びができると思っただけでなく、商品の質を上げるために貢献したい、自分なら出来るとも思いました。

    続きを読む
  • Nguyen Van Tuan W2ソリューション株式会社

    会社から私の専門性やスキルを高めるための研修を受けるときはとても楽しいです。また、自分の知識や経験を実際の仕事に活かせることに喜びを感じています。

    続きを読む
Top